日本を飛び出せっ!

日本を飛び出せっ!

看護師の職場は、日本に留まりません。世界中にその活躍の場があるんです。
今、日本でキャリアを積んだ看護師が、もっと視野を広げたい、もっと技術を高めたい、といった理由から世界に飛び出すケースがたくさんあります。いわば、世界が仕事場。もちろん海外で医療行為を行うには、その国の看護師としての基準を満たしていないといけませんが、日本の医療機関などから、派遣される、もしくは国際的な機関に属して派遣されるという方法があります。医療の現場は、世界の隅々にまであります。ということは看護師の需要も、世界の隅々まであるということ。最先端の国々でキャリアを積みたいと願う看護師の現場は星の数ほどあります。最先端の技術を習得して、更に最強になった看護師としてまた日本の医療で活躍すれば、更に日本の医療を活性化させ、もしかすると、新しい医療の形が見えてくるかもしれません。

 

逆に、発展途上の国で「これから」の医療現場の経験を積みたい、と願い日本を飛び出す看護師もいます。発展途上の医療現場では、日本の医療現場には、あって当然の多くのものがありませんので、自分で考える状況が沢山起こります。先進国の医療にも、発展途上の国の医療も、どちらにも日本の医療にはないものが学べますので、看護師として長くキャリアを積んでいける環境が出来ます。日本にとっても、向上心のある看護師は、何事にも替えがたい財産となること間違いなしです。